草刈りをしなかったときに起こり得る二次災害

増えすぎた雑草の草刈りは時間も体力も必要になるため、高齢者にとっては大変な作業です。そのため、ついつい放置してしまいがち、という人も少なくありません。しかし、庭の草刈りをしないと大きく分けて3つの二次被害が発生してしまいます。

草刈りをしないままにして二次被害に遭った人の声

今まで何ともなかったのに、急に花粉症になってしまいました。調べてみたら庭に咲いていた「ブタクサ」という雑草が原因のようで、草刈りをしなかったがために花粉症になってしまったようです。さらに私の場合は妊娠していてホルモンバランスが崩れやすくなっているので、影響を受けやすいみたいです。

アレルギーが発症する(20代/妊婦)

子どもに喘息のような症状が現れるようになりました。どうやら庭の草場に生えたキノコの胞子が喘息の原因のようです。最近草刈りをさぼっていたのですが、子どもの健康のためにも定期的に草刈りをしなければいけないと思いました。

子どもが喘息になってしまった(20代/会社員)

最近虫が多いなと思っていました。庭の雑草を長いことそのままにしていたので、それが原因だったようです。ダニが入って来ることも多くなったので、怖くなり旦那にすぐに草刈りをしてもらいました。

庭が雑草だらけで虫が増えた (40代/専業主婦)

ご近所さんからうちの庭から変な臭いがすると言われて、裏庭に行ってみたら本当に変な臭いがしました。野良猫の糞かなとも思ったのですが、雑草の中にドクダミがあり、これが臭いの原因になっていたようです。

TOPボタン